鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【たのかんさあ】について

<<   作成日時 : 2006/11/21 06:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

これは田の神様が訛ったもので鹿児島県全域に多数存在する。
大体は田んぼの あぜ道 なんかにチョコンと置かれている石像である。

この たのかんさあ 神様のわりには水田に放り込まれたり 顔に化粧されたりと随分酷い目に遭わされる。

ある地域では その年結婚した新婚家庭に一年間 床の間に祭られる。

理由は子孫繁栄である。

鹿児島に来て7年 ずっと たのかんさあ については気になっていたのだがどうも詳しいこと
が分からない。

東北地方に伝わる オシラサマ伝説 のようないわれとかを探したが見つからない。

  1:たのかんさあ=田の神様

  2:神様なのに随分酷い目に遭わされる

  3:人々から愛されている

  この3点以外には情報がない。

後、付け加えるとしたら 鹿児島全域に広く分布する ということくらい。

ナゼ たのかんさあにこだわるかといえば 道祖神 や お地蔵さん は神の使いとして畏敬の念をもって祭られているのに たのかんさあ は実にフレンドリーな扱いを受ける。

当にアニミズムの原点のような たのかんさあ 

もしかしたら いわれ なんか無いかも知れない。
その土地に暮らす人々が自分たちに恵みを与えてくれる自然に対しての感謝の気持ち
たのかんさあ になった。

それだけかも知れない

大そうな理由なんぞ必要ないのかも知れない

科学万能とされた20世紀初頭は世界各地で宗教が弾圧された。
特に、これといった教義を持たない精霊信仰は徹底的に批判された。
その背景には堕落した宗教家たちに失望した民衆の怒りがあったのかも知れない。

しかし 21世紀となった今再びアニミズムが見直されている。

産業革命以降、傲慢になった人間たちも再び原始の頃のように自然の偉大さ、自分たちの
無力さを思い出したようだ。

言っておくが、私は お化け とか 幽霊 を信じない。

霊的な体験が無いわけでは無いが 怪しい心霊学者や宗教家の言う【宿業】とか【祟り】は
疑わしいと考える。

でも 精霊 は存在すると思う。

それはペストが悪魔の仕業だと考えられていた中世ヨーロッパの人たちは患者を里から離れた民家などに隔離して火を放ち焼き殺した。

健康な人が患者に近づくと悪魔に魅入られる と考えたからだ。

 やがて悪魔 = ペスト菌 ということが判明した時 その対処法が非人道的なものではあるが間違ってはいない事が立証された。

 もっと精神文明が発達して高度な分析が可能になれば たのかんさあ というアニマ(精霊)も
解明されるのかも知れない。

ミニうすきねセット 21045
ミニうすきねセット 21045

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福山産 杜氏造り黒酢 桷志田(かくいだ) 500ml 壺詰め
「福山産 杜氏造り黒酢 桷志田 500ml 壺詰め」は、美しい琥珀色と芳醇な香り、そしてコクがあるまろやかな味わいの美味しい黒酢です。黒酢壺の焼き物に、... ...続きを見る
黒酢ダイエットをはじめよう!
2006/11/21 18:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【たのかんさあ】について 鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる