鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)

アクセスカウンタ

zoom RSS アテンザ スポーツワゴン

<<   作成日時 : 2010/09/04 03:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 うわっ!8月はゼロ更新だ!!。

 ブログも4年目となると食傷気味でネタ切れ…いや確かに初めの頃に比べれば情熱も冷めてるけどネタ切れというわけではないんだな。

 というか、やり残した宿題は一杯あるし新しくやりたい事も沢山ある。

画像


 まあ、とにかく小難しく考えないで日常の出来事をまとめるといった基本的なところからリスタートする事にして一週間ほど前に乗ったアテンザ・スポーツワゴン(2000cc)のインプレでも。

 実は先月の25日の早朝、鹿屋に住む叔母(80歳)が亡くなったという訃報を受け早速鹿屋に出かける事になりレンタカーを借りる次第となったのですが平日とはいえ今日の今日では『車種が選べない』という以前に『借れるかどうか?』といったレベル。

 ネットで市内のレンタカー屋を調べ、やっと見つけたのがマツダのアテンザ スポーツワゴン(2000cc)。

 何故レンタカー?

 多分都市に暮らす人は不思議に思われるかもしれないけど鹿児島のような地方都市は鉄道網が大都市のように網の目のように張り巡らされておらず少し郊外に出るだけでバスが1日に2〜3往復といった事は普通でバスすら通っていない事は珍しくないんです。

 ※そんな訳でバイク通学する高校生も珍しくないんです。

 本当は1000ccクラスか軽が良かったけど倍以上の料金のアテンザか、4倍近いクラウンしかなく上記のような理由で必然的にアテンザを選ばざるを得なかった(涙)

 でも久しぶりの3ナンバー(2ℓだけど)は実に快適で運転が楽でした。

 車もバイクも、ある程度車体のの大きさがと排気量がある方が全然楽ですね。

 ちなみにスペックを見ると…

 全長 4765mm 全幅 1795mm 全高 1450mm
 車重 1450kg

 最大出力  153ps/6200rpm
 最大トルク 19.3kg/4500rpm

 と2.5ℓエンジンと共通の車体だけに国産のライバル車に比べると非力感は否めないけど。

 ※実際パンチの利いた走りは期待できない。

 でもハイアベレージの高速走行をしない限り特に動力性能に問題は無いように思えた。

 そういえば昔乗ってたローレル(H2式メダリスト:OHC)は悲惨だったな。

 今回のアテンザとほぼ同じくらいの重さの車体をグロスで120馬力(NET表示だと100馬力前後)の非力なエンジンで少しきつい坂道ではエンジンがヒーヒー言ってたな。余りに非力なんで買って半年でDOHCエンジンのクラブSに乗り換えた思い出が。

 面白い事に非力なOHCエンジンは、どう頑張ってもリッター辺り7km前後だった燃費がパワフルなDOHCになると軽くリッター10km前後に。

 そういえば当時のカブ(50cc)も道交法が改正され原付は構造的に最高速度が時速60km以上出せなくなり必然的にパワーダウンを余儀なくされると燃費も悪くなったな。

 話をアテンザに戻すと純正のナビが付いていたけど最近流行り(?)のバックビューモニターは付いていなかった。

 まあ実際付いていたとしても見るのは最初だけで後は勘で運転するんだろうけど。

 それとステーションワゴンということもあり室内はセダンに比べ広く閉塞感も余り無い。

 今までセダンばかり乗ってたけど、この手の車も良いもんですね。

 もし今度車を買うとしたら多分アテンザのスポーツワゴンでしょうね。

 ※できれば2.5リッター

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!
おいどんさんもレンタカー!鹿児島ではクルマは生活必需品なのでしたら、レンタカー屋さんももうちょっと玉数を用意しておいてほしいですよね。
これはスポーツワゴンという括りに入るクルマなんですね。家族連れでも軽快に走れるといったところが売りなのでしょうか。クルマにもお詳しいおいどんさんが結構お気に入りということはなかなかの優等生な感じなんですね〜。
ハカセ
2010/09/05 16:44
ハカセさんへ

2.5リッターはライバルとなるマークX(203ps)ティアナ(185ps)と比べると見劣りするうえエコカー補助金も減税も無いので人気はありませんが中低速のレスポンスが良いうえ車重もライバルに比べ100kg前後軽いので峠では可なり有利なはず。

例えていえば短距離走や幅跳びなんかは特に際立った所は無いけど5種競技・10種競技になると俄然実力を発揮するタイプでしょうか。

ところで私事で申し訳ありませんが、ここまで間を開けると、まるで夏休みの宿題を全然やらず新学期を向かえた小学生のような気分です。
薩摩おいどん
2010/09/05 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
アテンザ スポーツワゴン 鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる