鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)

アクセスカウンタ

zoom RSS VT400Sとは!

<<   作成日時 : 2010/10/27 22:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 知らぬ間に登場したVT400S

 「VT750Sが予想外にヒットしたんで2匹目のドジョウをねらったんじゃ?」と考える人は30才未満じゃないかと思います。

 それに対して「なんだVR400のリメイク版ジャン!」と思うのは私同様に50才前後のオッサンですね。

 そもそもVT750SもVT400SもSHADOWのリメイク版なんですがSHADOWの前進は'89に登場したSTEED(400と600がありました)

 20年前に開発した中低速重視(というか高速は完全に無視)のエンジンは殆どスペックを変えず存在し今VT400Sに受け継がれた訳ですが、そもそもVTというブランドは高出力エンジンのイメージだったはず。

 それがお世辞にも高出力とは言えない2機種に名付けた理由は私には理解できない。

 それは置いといて昔(今から20年ほど前)登場したVR400というバイク、悲しいほど売れなかったな。

 というのも当時はYH戦争(’80中期から後期に掛けてヤマハとホンダがバイクのシェアを世界的に張り合っていた事)の煽りもあって馬力戦争が過熱し400ccなら50馬力以下は商業ベースに乗らないと思われていた。

 ※実際悲しいくらい売れなかった。

 でもこのVR400というバイク、非力なエンジンに重過ぎる車重(そしてブサイクなスタイル(と評判だった))という3重苦を抱えながら、そのフラットなエンジン特性と予想外に軽快なハンドリングで街乗りではピカ1の動力性能を発揮し女性や『通』と呼ばれたベテランライダーたちの間では密かなブームだった事も忘れてはいけない。

 今も希に見かける事があるVR400だけど皆例外なく美しい外観を保っているものばかり。

 多分オーナーは愛情をタップリ注ぎ込んでいるんだろう。

 で、VT400Sに話を戻すと。

 多分前出のVR400同様に素直な操縦性と安定した走行性能を備えたモデルだと思いますね。

 それにVR400とは違い凄くスタイリッシュだし。

 まあ爆発的に売れるとは思わないけど末永く愛されて欲しいバイクの1台です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まぁNINJAやEr-4nの対抗馬たるBrosの復活を図る方が先じゃないのかとは思いますが、ダートラレーサー風に仕上げてFTR400Vとかならば…好き者以外には売れないだろうな。
匿名でひとつ
2010/11/01 20:48
匿名でひとつさんへ
Brosですか…懐かしい!
欲をいえばプロダクトTを望みたいんですが…売れねぇだろな(でも出て欲しい)
20年前友人が乗ってましたが今思えば良いバイクです。
FTR400いいですね。
アスファルトじゃなくダートのようなスリッピーな方が腕を磨くには良いんですが今は乗るところが無くて…
しかし今新車出しても乗ってるのはオッサンばかり。
そもそも今の若いもんはバイクが嫌いなのか?(涙)
薩摩おいどん
2010/11/01 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
VT400Sとは! 鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる