鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 街で見かけたW650

<<   作成日時 : 2011/02/22 20:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 ドルフィンポートの駐輪場でW650を見かけました。

画像


 泥ひとつ付いてないピカピカ仕様です。

 W800が出て少し色あせたようにも思われますが排ガス規制のための触媒で詰まったエキパイのW800と同等か、むしろパワフルなんじゃないだろうか(圧縮比も落ちてるし)

 そう考えると、こちらの方がユーティリティ的には上のように思う。

 でももう生産されていないのだから仕方が無い。

 しかし、ナゼもう100cc排気量を上げW900(又はW850)としなかったのだろうか?

 確かにボンネビルSEに酷似しているようにも思えるけど多分出たのはW650が先のはず。

 そう考えれば見た目とスペックが酷似していてもトライアンフからクレームは来ないはず。

 多分アフターパーツでボアアップキットが出るんじゃないだろうか。

 ※恐らくハイコンプ仕様のシリンダーヘッド
  もセット販売されるだろう。

 オリジナルのトラやダブワンが走っていた40年前と今とでは時代背景が全然違うのでディテイルに拘る必要は無いと思う(というか不可能)
 
 だから基本的なフレバーだけが忠実であれば合格点だと思うんだけど。

 そう考えるとW650と同様の全体のシルエットはOKだと思う。

 そして排気量。

 これは排ガス規制でダウンしたパワーを稼ぐために行なわれたものだろうけど圧縮比のアップで対処できなかったのだろうか?

 今の技術なら高圧縮比でもトルキーな性格付けは容易なはず。

 もし熱的な問題で圧縮比を下げたのならオイルクーラーで対処できるはず。

 それに昔と違いレギュラーガソリンでも昔の有鉛ハイオクよりも高オクタン価だからノッキングの心配は無いはず。

 実際ライバルのボンネビルは結構高圧縮比(9.2)

 話をW650に戻すと街乗りから高速を使ったロングツーリングまでこなすオールラウンドな性能は捨てがたいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
雑誌で見たオプションのカウルとシート装着の「黒」のW800に心惹かれますねぇ。
よき時代ののスタイリッシュでクレバーな不良って感じのイメージでなかなかそそるものがありました。
匿名でひとつ
2011/02/22 23:32
匿名でひとつさんへ
この手のカフェレーサー仕様は意外と実用性が高いのでオススメです。
ただ、このスタイルだとフルフェイスは似合わないのでクロムウェルの、お椀ヘルにゴーグルとなるのですが安全面からツバ無しジェットにシールド(半球形のヤツ)で妥協すべきですね。
トルクフルなエンジンはワインディングでコーナー出口での立ち上がりのアクセルオン時の素早い加速は病みつきになるでしょうね。
薩摩おいどん
2011/02/23 06:00
確かに写真で見てもピカピカですね!買われたばかりなのかな?
W650は私がバイクに興味を持ち始めたころは雑誌に盛んに広告が乗ってた気がするので、もう生産されていないというのは時間の流れを感じますね…残念です。が、中古市場ではどのくらい流通してるのかなと興味を持ちました。
ハカセ
2011/04/03 12:44
ハカセさんへ
W650は結構人気は有ったようですが排ガス規制に引っ掛かって触媒を強化したら馬力が下がって次の規制にはもう打つ手が無くインジェクション化して排気量アップ(W800)するしかなくなって仕方なく絶版になったモデルなので可なりの数が流通しているものと思います。
多分乗りやすさという点では大型バイクのなかでも1,2を争うのではないでしょうか?
薩摩おいどん
2011/04/03 14:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
街で見かけたW650 鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる