鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今こそ小排気量バイク(125cc以下)の規制緩和を

<<   作成日時 : 2011/03/29 03:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 今回の震災で壊滅状態の岩手、宮城、福島の海岸沿いの町を見ると本当に心が痛みます。

 今なおガレキの中に多くの犠牲者があるのは分っているのに人手不足、頻発する大きな余震そして収容場所などの様々な理由から一向に進まない遺体収容作業。そしてガレキの撤去。

 一番厄介なのは先の見通しがつかぬ原発事故。

 今後いつになったら本格的な復興作業にかかれるのやら。

 ただ見通しが付かぬとはいえ、いずれ早かれ遅かれ(本当に遅れては困る!)復興に向けての作業は始まると思うけど、そうなると真っ先に気になるのが地震と津波で使い物にならなくなった物流機器。

 今後ガソリンや軽油は被災地へ行き渡るとは思うけど震災で失われたトラックなどの輸送車両は充分な数量を補充するには可なりの時間が掛かるしコストもバカにならない。

 そこでカブやビジネスバイクといった小排気量車を安価で供給する事を私は提案したい。

 しかしネックとなるのは、やはり価格そして燃費。

 例えばスーパーカブ50(スタンダード)の価格が19万5000円(税抜き)。

 そして燃費は110km(30km毎時)で出力は3.4ps(7000rpm)。

 エイプ50が25万円なので可なり安く抑えてはいるけど税込みで20万超えは被災地の人には辛い出費。

 それに3.4psは本当に心もとない。

 かつてスーパーカブは5.5psの出力に180kmという非常識なほどの高燃費を誇ったホントにスーパーなマシンだった。

 それが排ガス規制と速度規制によって骨抜きにされ、加えてインジェクションでコストが跳ね上がってしまった訳だけど今でも、この2つの規制を撤廃すればリッター180kmで5.5psのマシンを税込み15万円以下で造れるはず。

 ※ねえホンダさん

 付け加えるなら原付の積載重量は30kg以下だけど特例でこういった運搬車両に限って50kgまでOKにすれば物流作業に大きな成果が期待できるはず。

 本当はレアアースの利用を避けるためにポイント点火にしたいのだけど燃費と出力が極端に下がるのでトランジスタ点火は譲歩せざるを得ない。

 そして生産拠点だけど鈴鹿や熊本じゃなくて現地生産、つまり東北の被災地で新たに工場を建て地元の人を雇用すれば所謂自給自足となる(完全には無理だろうけど)

 工場プラントの建設は企業にとっては大変な出費を伴うけど政府が復興支援の予算を充て建設費の一部負担と免税措置をすれば不可能ではない話。そして企業側も1社ではなく国内4メーカー揃って同敷地内でそれぞれのブランドで生産すればいいわけだし(かつてカワサキを除く3メーカーはカブタイプのモデルを有し、どれもカブ並みの高燃費・高出力を誇った:カワサキもビジネスタイプのマシンを90・125にもっていた)

 ローンも5年間無利息融資を政府支援のもとで無審査で行なえば15万円なら年間3万円の支払い(月々2500円程度:もちろん法定費用はタダ)で負担も軽い。

 カブの走破性は今さら私が力説するまでも無く道を選ばないうえにイージーライディングと最強の物流機器になる事は言うまでもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いくら原付自転車の利点を挙げても規制緩和はされないでしょう。むしろ圧殺されると思われます。
そのためにはPTAの集団ヒステリー「三ない運動」の洗脳から社会を解放するする方が先かと思われます。
匿名でひとつ
2011/03/30 10:14
匿名でひとつさんへ
『三ない運動』ですか…今となっては懐かしいですね。
現在鹿児島県では都内ほど交通網が発達していないので少し遠方の地域からの通学に高校生たちがカブや原付スクータを利用しています。
頬の赤いセーラー服の女子高生がドカヘル被って年代モノのカブに乗っている姿は良く見かけます。
PTAの集団ヒステリーといえば今回の震災で都心で買占めに走るオバサンたちもそうなんじゃないでしょうか?(困ったものです)
薩摩おいどん
2011/03/30 21:28
PTAの集団ヒステリー…たしかに今回の地震直後ですが、東京においても、主婦の皆さんがいるエリアのお店の食料品・水はまっさきにカラッポになったのが印象的でした。反対に、主婦層のいない千代田区のコンビニ等には、割と食糧が残ってました。
主婦の方たちは、我先に!と店へ買占めに走っていたのは事実なのでしょうね…。(危機意識が高いことの表れではありますが)
ハカセ
2011/04/03 12:58
ハカセさんへ
福岡まで水を買いに行った歌舞伎役者の夫妻も居ましたね。
生きる事への執念は男性よりも女性の方が強いとも言えますが民放の主婦層を対象とした偏った煽情報道も問題ありです。
そちらの方は食料や日用品の品不足に加え放射能と計画停電もあり大変だと思いますが如何でしょうか?
こちらとしては無事息災をお祈りするしかありません。
薩摩おいどん
2011/04/03 14:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
今こそ小排気量バイク(125cc以下)の規制緩和を 鹿児島ALIEN(旧東京から鹿児島へ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる