LOTO6

 この前「NUMBERS3にはまっている」とブログで書きましたが…

 実はLOTO6にも10万円ほど注ぎ込みました(これも前回告白しましたが)

 そして結果は…

 5等(1000円)が一回当たっただけ。

 確率的には10万円分(500口)買えば5等は12口(約1万円)当たる計算なのに…

 そこで自分なりに無作為に抽出した6個の数字から過去(今年に入ってからのもの)の実績を加味して選択したら…

 2万件生成したデータで前回(6月11日分)の当選数字と照合した結果


 5等が24件(24000円)……たったの2万4千円!?

 2万口(400万円)投資して見返りが、たったの2万4千円。

 暫く力が入りませんでした。

 でも当選数字を見ると『192021232732』と可なり偏った数字(でも3人が当てている)

 そこで当選数字を5月21日に変えてみると…

 4等が1本(6400円)に5等(1000円)が105本で合計107、400円。

 理論上は5等が500本、4等が30本前後で運が良ければ3等(100万円前後)だって狙えるはず。

 これは統計数字よりも悪いということを言わざるを得ない。

 でも無作為に抽出した数字を当てはめると2万件で5等がたった1本!

 つまり抽選で抽出された数字が均一に分布せず偏っている事を示していると考えられる。

 ※こちらの乱数が(外れる方向に)偏っている
  ともいえる。

 本当は全パターン(6,096,454)の約10分の1の60万パターンを無作為に抽出したいのだけど何しろexcelのマクロ(VBA)なので2万件以上抽出するとオーバーフローしてしまう。

 ああ、せめてACCESSでもあれば20万件くらいは軽いしVBがあれば600万件どころか6千万件いや1億件だって抽出可能なのに!

 ※パソコン込みで20万円もあれば揃うのに!

 ちなみに2万件の抽出が10秒ほどなので600万件の抽出は10秒×300 ≒ 小一時間

 これは専用マシンが絶対欲しい。

 ところで「600万パターン抽出すれば1等が出るのは当たり前じゃん!」と仰る方々もいらっしゃるはず。

 いえいえ、目的は1等を抽出することではなく全体の中から『何処を抜き出すか』なんです。

 つまり、或る傾向性を見出し抽出した数字群の中に1等の数字を見出す事、言い換えれば1等の居場所の見当を付ける事です。

 過去の当選数字の変化を元にフーリエ展開も考えているのですが、これだと高々数件抽出するのにも数時間掛かる計算ですし、その前にEXCELだと又オーバーフローしてしまう。

 その前に乱数の見直し。

 どうもexcelの関数では精々数百件程度の乱数が限界のようで、それ以上の場合は同じパターンのくり返しのようです。

 ※その対処法として『乱数の乱数の乱数』
  と3段階で乱数を発生させたりもしたけど
  それでも1万件程度が限界のよう。

 そうなると乱数の再検討も必要なのだけど今のところ手を出さない事にしている次第です。

 ※深みにはまり方向性を見失わないため。

 今は今後の傾向性(トレンド)を、どう決定するかが最大の課題。

 5月は保守的な傾向が強く既に出た数字が再び使われる事が多く当選金額も比較的少なかったけど6月は今まで出なかった数字群が可なりでているので抽出方法も可なり強気に出る必要もあるような。

 戦略は色々有るのだけど、いかんせん環境がプアーで(懐もプアーだけど)余り思うようにやれない。

 でも結構はまっているのも事実。

 結論

 LOTO6って買わなくても面白いですね。

 ※そのうち予想が当たりだせば思い切って
  大バクチを打ちたいと思いますが。
 (とはいっても精々1万円程度)


パソコンで数学〈上〉整数と乱数の不思議
共立出版
アルツール エンゲル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月04日 22:25
なるほど確かに全パターンを列挙できたとしても、「1等の居場所を見つけること」ができないとどうしようもないわけですね。
なので重要なのが、くじの「傾向性」であると。…非常に難しそう!ですが研究すること自体、面白そうですね。学校教育でも取り入れてもらいたいです。
薩摩おいどん
2009年07月05日 00:45
ハカセさんへ
LOTO6は確率の世界なのですが統計的な考え方を取り入れると次回の当たりは可なり絞り込めるのも事実です。

現在当選確率は可なり上がり2万件中5等が200件前後(約20万円)4等が40件前後(約80万円)それに3等が10回の試行で2~3件(約400万円)そして1等も4~50回の試行で出るまで向上しました。

確率の向上よりも1等の居場所探しが重要で、そのための手法探しが楽しいわけですが…

ところで6月22日のナンバーズ4ですが当たり数字がナント"0622"。これには正直驚きました(流石に投票数も多く当選金額も通常の5分の1程度でした)

この記事へのトラックバック