スズキとVWが業務提携

 ニュースなどで、ご存知の方が多いと思いますがスズキとヴォルクスワーゲンが業務提携する事になりましたね。

 スズキとしては業務提携していたGMが経営破たんして新たな提携先を模索していたようですね。

 中国に強いVWとインドに強いスズキ。

 もし上手く噛み合えば世界最強の自動車産業へと発展する可能性も。

 WVとしてはBMWがドイツ国内では独占状態にあるバイク産業に自社ブランド(もちろんススキのOEM)を打ち出す事で新たな展開も模索できるし。

 ※そういえば昔VWの水平対向(空冷)二気筒エンジン
  を積んだアマゾネス(乾燥重量ナント400kg!)が
  ブラジルで生産されてはいましたが。

 スズキもOEMとはいえ自社のバイクがVWの販売網を通して販売できれば大助かりのはず。

 思うに中国でもスズキのマシンの人気は高いと思いますよ。

 ただ今は販路が無いため高価になって手が出ないだけだと思います。

 そしてスズキでもVWのエンジンを積んだ四輪が国内販売されれば軽以外でも販路が拡大されるし。

 これで四輪が盛り上げれば二輪の方も相乗効果で盛り上がりを見せてくれれば。

この記事へのコメント

ハカセ
2009年12月19日 19:40
業務提携ですか~ 就職活動中、鉄鋼業界でも確か業務提携ってやってたのを覚えましたが、その実際はどういうことを行ってるのかよくわからないで来てしまいました。
今後は、欧州ではブランドとしてはVWだけれども製造はスズキが行う、といったことが行われるのでしょうか。
4輪での盛り上がりが2輪にも波及してくれればいいという点、私も大賛成です!
薩摩おいどん
2009年12月19日 22:35
ハカセさんへ
実は今VWとポルシェが骨肉の争いの真っ最中(VWの創業者はポルシェ博士(初期のビートルを設計)でポルシェ社は博士の息子が創業)でVWとしては強力な提携先を探していたみたいですね。
日本では高級ブランドとしてセレブ層に人気の有るVWですが軽のノウハウはスズキの敵では有りません。

そんな訳でシャーシはVWでエンジンはスズキというコラボも、いずれ出てくるでしょうね。

ところで西欧の自動車のシャーシは日本のものに比べ格段に剛性は高いものです。
というのもアウトバーンを走るという前提のもとに設計されていますから(100km/h以上で分ります)期待は大きいですね。

この記事へのトラックバック