CB1300スーパーツーリングって?

 このところの新車ラッシュのホンダ。その陰に隠れ(?)ひっそりと登場したこのマシン。

 地味な登場だけどホンダファンは密かに登場を期待していたんじゃないでしょうか?

 というのもホンダのツアラーといえばGL1800になってしまうので体力に自信の無いライダーは敬遠気味。

 しかもサイドボックス(最近は『パニアケース』というらしい:ORバッグ)がオプションにあるのは今回新たに出たVT750Sとシャドウくらいしかない(しかも高価)

 確かにこの2車種ともツーリング向きだけど高速ツーリングには向いていない。

 ※まあ考え方の問題だけど。

 そんな訳でこのCB1300スーパーツーリングの登場は『満を持して』という感じだ。

 でも少し待てよ。

 このマシン真っ白に塗ってサイドバンパーと赤色等そしてリアボックスを付けると…白バイじゃんか!

 ってことは白バイの転用かい。

 ホンダサイドとしては廉価版のバンディット1250(及油冷のgsf1200)にシェアを脅かされ入札で頑張って開発コストを圧縮した分の回収のために出したなんていう考えは勘ぐりすぎだろうか?

 それにしても真っ黒でやぼったいサイドボックス(もといパニアケース!)だな。

 昔はサイドボックスといえば白と相場は決まってきたのに…

 そう思ってアクセサリーを参照すると白いパニアケースパネルなるものが18900円で用意されている。

 確かにこれを付けると可なりスタイリッシュになる。

 でもこれだけのために18900円は痛い。

 安く上げようと思えばカーショップなんかで売っている塗装用のスプレーで塗ればいい。

 しかしなんで黒なんだ?

 車体は白ベースなのに(黒一色もラインナップされているが恐らく大半のライダーは白赤のツートンを選ぶだろうに)

 やはりこれは白バイとの識別を意識したのに違いない…と勝手に決め付ける。

 という事は白バイ開発のコスト回収のための市販?

 私的にはCB1100の白バイの登場を切に願います。

 だってトップボックスしかアクセサリー無いんだもん。

 これこそサイドボックス(もといパニアケース!)が欲しい車種。

 これなら黒いパニアケースでもいいです(黒いタンクを選びますから)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ハカセ
2010年03月27日 06:20
スーパーツーリング、どのくらい売れるのでしょうか。購買層はやはりかなり年齢的には上のほうの世代かと思いますね。おいどんさんの推察だとかなり安価な開発コスト(ほとんど流用)ということで登場したわけですね。パニアケースですが、僕も白いほうが軽快に見えるかと思います。

あとSFとSBもマイナーチェンジしたんですね。クラブバーが横にあるみたいですね。ホンダはこのCBという一大シリーズを常に変化させ続けてますね~
薩摩おいどん
2010年03月27日 08:43
ハカセさんへ
白バイのサイドボックスとこのパニアケースは全く形状が違うものの遠目には区別はつきませんね。

まあそんな事はどうでも良く、この時期新車攻勢をかけるホンダの意気込みにエールを送りたいですね。

1300と400のリニューアルは絶えず行われていますね。馬力の自主規制の解除の中前の規制を変えず勝負するための意気込みでしょうね。

実際61馬力ののGSRなどとの違いを実感できるのは多分時速100km以上の世界だと思うので日常生活では殆ど実感できないでしょうし(普段から実感できる人は直ぐに「免許返上」だろうし)

そうなれば軽量コンパクトな方が使い勝手は勝るし

この記事へのトラックバック