ロードスター

画像


 うちの近所に止まっていたロードスター。

 実は最近ロードスターに興味を持っているんです(買えないけど)

 写真でも分るように一般的な2ℓエンジンを積んだ車と比べると可なり小さい車体(というか殆ど軽サイズ)

 それに出力もMT車で170馬力(オートマ仕様だと162馬力)と同じ2ℓエンジンのミニバンと大差ない。

 そもそもGTRは別格としてもスポーツという名を誇るなら300馬力は最低でもないと市場からは認めてもらえないだろう。

 ただ価格的にいえば一番安い価格設定のS(5MT:SOFTTOP)でも233万円する。

 2シータの車に233万円払える人は沢山居るだろうけど、それだけの代価を払って購入しようと考える人は一体何人居るだろうか?

 というかオープン2シーターを買おうと考える人間は普通経済的には可なり余裕の有る人ではないだろうか?

 そういう人は、もうひとつ上のランクのフェアレディZ辺りに食指を動かすのではないだろうか?

 実際オープンのZは鹿児島でも時々見かける。

 そうなると非力な2ℓエンジンを積んだ貧相なロードスターには出番は無いようにも思えるけど結構売れているらしい。

 特にマニュアル車が売れているらしい。

 確かに『スポーツならマニュアル車』というイメージはあるものの昔とは違い今はオートマの方が断然速い。

 所謂ライトウェイトスポーツというジャンルに拘るマニア達にとって圧倒的な馬力と超高性能な車体・足回りのスーパーカーというものよりも自分の技量に合った車体・エンジンフィールの方が重要な事なのだ。

 例えばGTR

 確かに全てにおいて世界最高峰の性能。

 だけど普通のユーザーが乗った場合、サーキットを走ったとしても一体限界性能の何パーセントを使えるのだろうか?

 そう考えるとロードスターの170馬力は一見非力に思えるけど日常生活で使用する範囲では充分な出力。

 特に鹿児島のような急な坂の続く峠道では少し慣れればピークパワー近くまで使い切る事ができる。

 もし仮にGTRで鹿児島の峠道を攻めたとしたら多分セカンドギアにシフトするのが関の山だろう。

 ※単にシフトアップだけするなら別にトップギア
  に上げても多少ギクシャクするものの走りきる
  事は不可能ではないけどスムーズな走りとは
  多分ほど遠いだろう。

 使いきれるパワーというのは実は重要な事だ。

 バイクもそうだけど車を運転する楽しみの大きな要因として『意のままに制御する喜び』がある。

 実際リッターバイクに乗ってタイトなコーナーの続く峠を殆どアクセル操作もなく重い車体に苦しめられながら攻めても全然面白くない(矢張り250ccクラスのほうが断然楽しいだろう)

 コーナーの手前で充分に減速&シフトダウンしハンドルを切り徐々にアクセルを踏み込み軽いオーバーステアを感じながらコーナーを抜けると一気にアクセルを踏み込み次のタイミングでシフトアップする。そして次のコーナーの手前で安全な速度まで減速し…このくり返しが、いかに楽しいかがキモ。

 しかもオープンだと風を感じながら走り抜けられる。

 中腹のドライブインで車を止め窓際の席に座り愛車を眺めながらコーヒーブレイク。

 そう考えると233万円は決して高くない。

 ※ハーレーのFATBOYやBMWのR1200RTと大差ない。

 特にマンション住まいの方々にとってはバイクを所有する事は可なりハードルが高いけどロードスターなら駐車場を借りる事ができるから買える。家族用に買ったミニバンを近くの青空駐車場に移動しロードスターをマンションの立体駐車場に入れる。これで全て解決。

 実際ランニングコストは耐久性重視の(しかも国産)四輪の方が断然安い。

 ところで仮に青空駐車を強いられる場合は安いSOFTTOPよりも防犯性の高い(ように思える)RHT(リトラクタブルハードトップ)を選ぶだろうけど実は乗って楽しいのは一番安い233万のSだと思う。

 というのもエンジン特性によくマッチした5速MTのSは峠道から一般道まで幅広くカバーしクロスレシオの6速MTのRSよりも走りのリズムを取り易く走りを楽しむという観点からみれば一番快適なはず。

 そう言ってしまうとRSの存在理由が無くなりそうだが一段上の走りを期待する人にはオススメ。

 それとスタイリッシュな車が少なくなった昨今ロードスターは貴重だ。

 初代フェアレディの華麗なオープン2シーターを知っているだけにこの手の車は妙にノスタルジーを感じてしまう。

 それだけに現行の情け無い姿のフェアレディには悲しいものを感じざるを得ない。

 所詮は伊達男好みのフランス人オーナーの嗜好にあったものでしかないのかと怒りさえ覚える。

 そんな事ならいっそイタリアのフィアットにでも買収されれば良かったのにとも思うのだけどイタリアの自動車業界はどこも火の車。

 最後は愚痴になってしまったけど

 このロードスター、イタリア辺りで売れているらしいとの噂も聞く。




この記事へのコメント

ハカセ
2010年04月17日 08:32
おいどんさん車にもお詳しいですね!
これがロードスターですか。会社のある上司が乗っているというのを聞いたことがあるのですが、小さめの趣味性の強い車だったんですね。233万……ハーレー買うようなものですか。社会人なら趣味のひとつとして買えなくもない値段ですね。中古市場ではもっと安いのでしょうか。
私もスポーツドライビングもしてみたい気はしますが、一方で純粋に実用車がそろそろほしくなってきました(主にゴルフ用)。
薩摩おいどん
2010年04月18日 06:00
ハカセさんへ
小学生までは車小僧でしたから(当時の子供は殆どそうでした)
マツダ車は中古車価格がメチャ安ですからロードスターも5年落ちで100万前後なんて珍しくないですね

ただゴルフユースを考えるならロードスターは無理かも…上司や得意先の方を同乗させることを考えるとVWのゴルフ辺りが(洒落じゃなくホントに)

この記事へのトラックバック