テーマ:鹿児島

ハザードランプ

 鹿児島に来て早10年未だ方言は良く分らないなりに一様の事が分るようになったけど車社会の違い(東京との比較)は未だ理解できない事が多い。  そのひとつがハザードランプ。  東京ではドライバー同士の意思の疎通を目的としてよく使われていたのに鹿児島に来てからは殆ど見ない。  ※駐車中の車さえ左の指示器を出すだけ。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドカ灰

 昨日夕暮れ前に桜島が大爆発し土石流や溶岩こそ出さなかったものの噴煙は4000m上空まで達しました。  しかも運の悪い事に(?)風は東から西えと吹き大量の火山灰が鹿児島市内を直撃しました。  ※携帯で撮った写真です  周囲が白っぽくかすんでいるのはピンボケでは有りません。  道を走る車は路面に降り積もった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セブンイレブン と すかいらーく

 鹿児島にはセブンイレブンが無い。  ※隣の宮崎県にはある(県境にある)  もちろん鹿児島にコンビニが無いわけではない。  うちの近所にはファミリーマート、ampm、ローソン、サンクス…etc.と殆ど有る。  ※昨年までヤマザキは有ったのだが鹿児島から   全面撤退してしまった。  そういえば、すかいらー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年の鹿児島は寒い!

 今朝の気温が1℃ … 寒い!  今年の鹿児島は正直寒い。  雪こそ降らないものの先週から朝は0℃近いうえに日中でも10℃以下という寒い日が続いている。  鹿児島に越して8年  恐らく今年が一番寒いのでは?  それに輪を掛けるように今年は灯油が高い。  或る政党はガソリン値下げ隊なるものを編成したが …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿児島の猫

 やっぱり釣れない でも少し触れたが鹿児島の猫は人間を怖れない。  東京の野良猫は人間には決して近付かないし警戒心むき出しで逃げて行く。  ところが鹿児島では路地裏に寝転んだり愛を語る猫たちは人間が近付いても逃げるどころか、こちらへ振り向こうともしない。  可なり近付いても逃げない。  それどころか  何だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

郷中教育2

 郷中教育を分かり易く説明した石碑が有りますので紹介します。  先ずは郷中教育の概要  面白いのは現在の6・3・3制の教育制度に近いのと随分長い教育期間であることです。  長老(おせ)とは今でいう青年団に近いものだと思っていただければいいと思います。  次は日課  朝6時から始まるので寝坊助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郷中(ごちゅう)教育

 薩摩藩には郷中教育という他には例を見ない固有の教育制度が存在した。  これは武士の子弟を対象とする学校であるが一般の藩校といったものではなく町内単位(とはいっても一つではなく4-5町で一つの郷中)で組織するもので藩内には30からの郷中が存在したという。  ・武士道の義を実践せよ  ・心身を鍛錬せよ  ・嘘を言う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

借物ですが(桜島噴火)

 知人からの借物ですが噴火の様子が良く撮れているのでご覧ください。    (黒姫小付近)    (有村展望所)  ここ数年大人しかった桜島ですが、ついに噴火しました(小規模ですが)  百年ほど前には大規模な爆発が有り39名の犠牲者を出しました。  その時大隈半島と繋がり島では無くなってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城山散歩(鹿児島市)

 今日は普段の散歩コース+城山遊歩道(今回初挑戦)を紹介します。  まず手始めに中央公民館        (好きです、こういう格調ある建物)  次は道を挟んで西郷さんの銅像  つい最近の測量の結果身長が5.57mだと判明しました。  測定してくれた鹿児島工業高校の生徒さんたちに感謝!  そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜散る(鹿児島:甲突川)

 甲突川の桜も散り葉桜となったか …… と思いきや、未だ咲いているのがある。  桜咲けで写した桜の木と同じくらいの2分咲きといったところか。  例年なら「桜散る」などというタイトルは丁度不謹慎な時期(国公立大学、公立高校の合格発表の時期と重なる)なのだが今年の場合もう既に4月の半ばで不本意にも受験に失敗した人たちも今頃は新しいス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲く(鹿児島:甲突川)

 土曜日(3.31)には未だ蕾みだった甲突川の桜もようやく咲き始めた。  写真がピンボケで殆ど咲いていないように見えますが、もう八分咲きといった具合です。  そして至る所で場所取り用のビニールシートが主の到着を待っています。  (写真には写しませんでしたが新入社員や新入生らしき人たちがビニールシートの上で陣…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

竹島の大名筍(鹿児島)

 鹿児島では例年より遅い桜が、やっと咲き始めたが竹島をはじめとする硫黄島・黒島(三島村)では大名筍(琉球寒山竹:大明筍ともいう)が、そろそろ地面から顔を覗かせているようだ。この筍太くても五百円硬貨くらいしか無く、竹というよりも笹に近い種類らしい。  この筍大変美味で江戸時代には大名しか口にできないほど珍しいものだった事から、この名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲け!(甲突川:鹿児島)

 東京では桜が満開だというのに鹿児島ではどこも、やっとつぼみが開き始めている状況。  甲突川でも例に漏れず下の写真のような状況  場所取り用の青いビニールシートは至るところに張られているのだけど主の姿は見えない。  例年なら、もう既に桜が散り青葉が出始めている時期なのに今年はまだ。  この調子でいくと恐ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I do

 鹿児島では上記の文を【Iッdo!】(イッド!:意味「行くぞ!」)と変えて表記する広告をしばしば見る。  英語で【I do】は「私が(俺が)やる」という意味で「行く」という意味は無い。  ところが「イッド!」には「やるぞ!」という意味も多分に含まれているようにも思える。  (「ヤッド!:やるぞ!」という言葉は別にあるが)  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釣れない!(桜島釣公園にて)

 今日は平日というのに休み!これはもう釣に行くしかない!  というわけで朝早くから桜島釣公園に出掛けた。  流石は平日 客は私1人の貸切状態 …… しかし良く見ると釣公園には私ひとりだが周りの堤防や磯べりには数人の釣り人が居る。「なんだ高々200円(4時間)ケチって、そんな所で釣ったって!」とサビキ用のアミエビをビニール製の折り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤原らんか

 私が藤原らんかさんを知ったのは確か10年ほど前、ライディングスポーツというバイクレースの専門誌に4コマを投稿したのを見てからだった。当時大学生だった彼女は熾烈なレースシーンを巧みにデフォルメし、帰宅途中に電車の中でライディングスポーツを広げて読む私は思わず笑ってしまった経験が数回ある。  大学卒業してしばらく鹿児島市内の広告代理…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平田公園

 最近はバイクネタはいいとして、時事問題や数学なんて記事ばかりで鹿児島ネタが全く無いので久々に何か書こうと考えたがテーマが定まらない。  決してネタが無いわけではない。  やごろうどん、たのかんさあ、上の原の遺跡、焼酎、桜島の歴史、… etc(高速道路の自動集金システムじゃないよ)  そう思いながら平田橋付近を散歩している時ふ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

桜島

 昨日(元旦)酒を飲み過ぎて気持ち悪いので体から酒を抜くために散歩に出ることにしたが中央駅近くまで来たところで空からポロポロ降り始めた。  「こりゃタマラン!」とばかりにAMU(駅ビル)に逃げ込み紀伊国屋書店で時間をつぶして外に出ると桜島に雨雲が掛かり見事な姿だったので、もっと写真を撮りたくなり思わずバスに乗り込み北埠頭へと向かった。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

戦時中の竹島(鹿児島県)

 竹島は4.2平方キロメートルの小さな島です。  私の母はこの島で生まれました。  戦時中(特に終戦間近の頃は)は鹿児島市内の防空網も米軍に掌握され島に生活物資を供給する船も途絶えがちになりロクに食べるものも無い状態が続いていたと母から何度も聞かされました。そんな状況ですから東京大空襲や沖縄玉砕の悲劇の情報も知らずに終戦を迎えました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島中央駅周辺の夜景

 今日は夜の鹿児島中央駅をウォッチします。  新幹線が開通して大きな駅ビルやホテルが次々と建てられ、それまでの素朴な佇まいが 一変して、まるで池袋のようになってしまいました。  ああ、美しい風景が又ひとつ消えた! と嘆いているのは、どうやら私だけのようで皆歓迎しているようです。  そこで、まず手始めに西口側からの1枚 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

いい年してナニやってんだ!

テレビのニュースで報道されたので、ご存知の方も多いと思うが鹿児島県出水市にある福祉施設せせらぎの里の理事長(76)が施設に通う高校生の体に触ったということで逮捕された。 NHKの取材では他の女性にも同様の行為を前々から続けていたらしい。 理事長は大筋で容疑を認め 知恵遅れだから誰にも言わないだろうと思った (上記文は不適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島のタヌキ

昭和22年頃の話です。  当時、私の父は霧島神宮近くの猪子石という所に住んでいました。  その頃の猪子石は今と違い舗装された道路は、おろか人家さえ無い山奥だったようです。  或る日父が国分の町から歩いて帰る途中日が暮れ猪子石に着く頃には真っ暗闇となったそうです。  歩き慣れた道なので目を閉じても帰り着くはずなのだが幾ら歩いて…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

一向に減らない飲酒運転(芋焼酎番外編)

また今日も飲酒運転による死亡事故が起こった。 被害者は20才のライダーだ(名前から女性のようだ) これだけ騒がれているのに一向に減らない飲酒運転。 まさか「俺は(私は)大丈夫!」だなんて未だに思っているのだろうか? これから年末年始に向けて何かと飲む機会が増えるが、絶対に止めてほしい。 酒は百薬の長といわれるように ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬楽しい鹿児島ツーリング

この記事は バイク ニューカマー のH(AKASE)さんへの Well Comeの気持ちを込めて書きました。 比較的温暖な鹿児島は冬でも快適なツーリングが楽しめるホットな場所です。 ですから西日本方面の方には2~3日程度の泊り掛けのツーリングとしては最適です。 コースは様々で貧乏ツーリングから お大尽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【たのかんさあ】について

これは田の神様が訛ったもので鹿児島県全域に多数存在する。 大体は田んぼの あぜ道 なんかにチョコンと置かれている石像である。 この たのかんさあ 神様のわりには水田に放り込まれたり 顔に化粧されたりと随分酷い目に遭わされる。 ある地域では その年結婚した新婚家庭に一年間 床の間に祭られる。 理由は子孫繁栄である。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

芋焼酎(2)

少々熱めの お湯割りが美味しい季節になりました。 それに後2週間程で忘年会シーズンです。 ところで鹿児島では大体皆お湯割りです(夏でも) だから居酒屋なんかでボトルで焼酎を頼むと保温ポットが付いてきます。 通は6:4の比…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

もういくつ寝ると お正月?

ちょっと早いようですが お正月の話を 東京に居る頃と違って鹿児島には親戚が多い。 その数、ざっと百人! また、そのうち20才未満の【お年玉年齢】が約3割居る。 これは詳しく調べたわけではないが、増えることがあっても減ることはない。 1人頭三千円として、ざっと10万円! これだけ飛んでゆく。 あな、恐ろしや そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎にもあった”やごろうどん祭り”

 ブログのLogをチェックしていたら宮崎県でも”弥五郎どん祭り”があることを偶然知った。  しかも曽於市と同じ11月3日ときていることから大いに関係があるのは明白だ。  > 南九州には多くの弥五郎説話がある。本県では「七股弥五郎」(川南町)、   「木原弥五郎」 (清武町)、「足跡弥五郎」(田野町)など。いずれも大人(おおひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学習塾について(3)

 大学入試において要求される学力は高校過程までで学んだ知識の量とその応用力である。  だから数学の問題で微分方程式は出題されないし物理の問題で”ひも理論”が出題されることはない。何がいいたいかというと大学入試は限られた範囲のなかでしか出題できないという事実をしっかり認識してもらいたいのだ。  しかし、学歴偏重社会の弊害で親も学校…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more