テーマ:映画

僕らはみんな生きている

 『亡国のイージス』の真田広之主演、『阿修羅城の瞳』の滝田洋二郎監督による抱腹絶倒のコメディ。建設会社の営業マン・高橋は、タルキスタン共和国という国への1週間の海外出張を言い渡される。しかし、そこには思いもよらない“地獄”が待っていた。(「DVD NAVIGATOR」データベースより)  この映画の出典は日本がバブルに浮かれている…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ラスト・ワルツ(The band)

 この映画は1976年に解散したザ・バンドのラストコンサートを収録したものだ。  ザ・バンドというグループは知らなくてもラスト・ワルツのテーマは有名なので曲を聞けば「知ってる」という方も多いと思う。  このコンサート ゲストがボブディラン、リンゴ・スター、エリック・クラップトン等々と有名人が多数参加したことから当時話題を呼んだの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザ・ハリケーンという映画

 私は、この映画には少々思い出がある。  当時、高校1年だった私は友人の家で聴いたボブディランのLPレコードの中に入っていた ハリケーンという曲で彼のことを知った。  それは【風に吹かれて】なんかとは明らかに違うハードなリズムの中でボブ・ディランがシャウトするという、らしくないものだった。  「これは無実の罪で投獄された黒人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

父親たちの星条旗 と 硫黄島からの手紙

 クリント・イーストウッドが硫黄島での戦闘を題材とした映画を撮っているのは知っていた。  またどうせイラク問題で低下した国民の支持に危惧の念を持ったブッシュあたりの後押しで作られた映画だろうそう思っていた。  最近のクリントン・イーストウッドの監督作品には、そういうアメリカ万歳!的な映画が多かった。しかもタイトルが【父親たちの星…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more